CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 意味のない言葉 | main | チェンジメーカー留学INベトナムのご報告【前編】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
今やりたいこと。
今日久しぶりに両親に連絡をした。
約50日遅れの明けましておめでとうメール。

そしたらすぐに返事がきて、
「最近ハロン湾で観光客船沈没のニュースがあったから
あんたちゃうかって心配してたところやったわ。」
と書いてあり、未だに僕がどこに住んでいるかわかっていないようだった。

しかし、思い返せばちょうど去年の今頃、
両親がダナンに来てくれたんだったなぁ。

うちの親、てか50歳より上ぐらいの人たちにとってベトナムという国は
ベトナム戦争ぐらいから時が止まっている場合が多いと思う。

僕がベトナム行くって言った時も

「あやしすぎる。。しかもダナンってどこやねん。。
みんな仕事してるんかいな。。人身売買の仕事でもやらされるんちゃうか。
おとなしく近所の川○重工にでも勤めてくれ。」

と偏見丸出しで止められた。まあそれが普通の親心というものなんだろう。

で、実際に来てダナンをちょっとぶらっとして
今の住まいに案内したら
「部屋ひろ!!東京の小汚い部屋よりええ生活してるやん。お姉ちゃんに報告しよ。」
と写真撮影しまくり、ホイアンにも連れて行った結果、
「結構ええとこやん。これなら安心やな。また来るからよろしく〜。」
と言い、わずか1泊でダナンを去っていった。



それからもう1年。最近は本当に時間の流れが早い。

いつの間にか2年、3年と簡単に過ぎてしまいそうだから
テト休みのときにちょっとだけ真剣に考えてみた
妄想&具体的なことをここに書いておこうと思う。


まず抽象的なことから書くと・・・

・リアルな社会(世の中)と教育現場の間にあるギャップを縮める。
・雇用される個人と雇用する組織の関係性。働き方生き方。
・街や土地、地域にあるものを活かして輝く街づくり。
・外国人に日本っていいなぁと思ってもらうこと。
・言葉や法制度、無関心、偏見などによる外国(人)と日本(人)の距離を縮める。
・日本に自信を持ち、誇りを持ち、日本を元気にする。
・日本文化・カルチャーの発信。
・日本の中にある外国。外国の中にある日本をつなぐ感覚。
・売りたい、客増やしたい、いい人を採用したいという欲求を満たす。
・まだあまり開拓されていない外国にぶっこむ。
・海外サバイバル教育。
・誇れるものづくりを世界に発信、進出。
・終わりなく広くて深い世の中の勉強
・リストラ族の働き方革命

などが興味ある。



んーじゃあ具体的にはどゆこと?って言われると・・・

・夜間学校
・日本にいる外国人に日本語
・日本のどっか世界のどっかで観光業
・在日外国人、難民、留学生などの支援
・世界をブラブラ、ベトナムブラブラ
・多文化共生、移民、日本の国際化とナショナリズムのバランス
・またインターンシップの仕事
・がっこーの先生
・広告とかウェブとかの制作とPR
・海外サバイバル教育

とかがあるのかな。なんか具体的じゃないのもあるけどまぁいいや。笑

もっといっぱい思いつくけどひとまずこんなもんかな。


ベトナムに来て思ったことは、本当に今まで自分が生きてきた世界、
見ていた世界というのは狭かったなぁということ。

だからそれまではよくもわるくも純粋だったと思うし、
もっとわかりやすく生きていたと思う。

でも今は一気に世界が広がって、いろいろと面白そうなことがあって、
行ってみたい場所があって、でもでもまだ自分には足りないものもあって、
遅くきたモラトリアムって感じです。

いつまでもそうじゃいけないと思うから、
近いうちに何かしら結論を出そうとは思っているけど
人生焦って生きるもよし、ゆっくり生きるもよしなんだから
流れるままに、でも時には強い意志をもっていこうかなと思います。

今は今を充実させることにできる限り専念して、
その結果開かれる道を歩んでいけるといいなと思った
ダナンの深夜2時。





| 働く・生きる→キャリアを考える | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 03:25 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://viet-wakazo.jugem.jp/trackback/91
トラックバック